「住宅省エネ2024キャンペーン」発表、予算額は4割増の4215億円に

「住宅省エネ2024キャンペーン」が、国土交通省、経済産業省、環境省の共同で発表され、2023年版より4割増の4215億円となる予算額で実施される。このキャンペーンは、住宅の省エネ化を支援するための補助事業で、長期優良住宅の取得や改修、賃貸住宅リフォームに対する補助が新たに導入されている。主な補助金には、子育てエコホーム支援事業、先進的窓リノベ事業、給湯省エネ事業、および既存賃貸集合住宅の省エネ化支援事業が含まれ、これらはワンストップで利用可能となる。補助金の詳細や申請方法は、前年の「住宅省エネ2023キャンペーン」の登録事業者が新規手続きなしで利用できる。

日本の三省(国土交通省、経済産業省、環境省)が、住宅の省エネ化を推進する「住宅省エネ2024キャンペーン」を発表しました。このキャンペーンは、2023年の「住宅省エネ2023キャンペーン」の予算3000億円から4割増の4215億円に拡大され、令和5年度補正予算案に基づくものです。このキャンペーンは、長期優良住宅の取得や改修に重点を置き、賃貸住宅のリフォームに初めて補助金を提供します。

具体的な補助金としては、「子育てエコホーム支援事業」(予算2100億円)、「先進的窓リノベ事業」(予算1350億円)、「給湯省エネ事業」(予算580億円)、「既存賃貸集合住宅の省エネ化支援事業」(予算185億円)が含まれています。これらの補助金はワンストップで利用可能で、前年のキャンペーンの登録事業者は新規加盟手続きなしで申請が可能です。